« 半年間で6000pips!進化するFXトレーディングシステム! - 購入者の感想 | トップページ | 「聖杯」トレーディングシステム・FXネットトレード秘伝プログラム - 基本システム »

2007年10月 2日 (火)

◆「聖杯」トレーディングシステム・無限に続く利益へのカギ◆FXネットトレード秘伝プログラム!!


聖杯



突然ですが、相場に「聖杯」(Holy Grail)というのは存在するのでしょうか?


定義にもよりますが、「リスクを負わずに莫大な利益が得られる」(つまり打ち出の小槌の様な)取引手法と解釈するなら、私はその様なものはこの世に存在しないであろうと考えています。

トレーダーや投資家を専門とする心理学者および投資法の指南役として、世界的に有名なバン・K・タープ博士はその著書 ”魔術師たちの心理学”において、これに関する事を次の様に述べています。

「マーケットには何か魔術のような秩序があると信じている投資家は多い。それを知っている限られた人が相場で莫大な財産を築いていると思っているのだ。だから自分たちもその秘密を知って金持ちになろうと一生懸命になる。秘密は存在するのであるが、ほとんどの人はそれがどこにあるのか分からない。なぜなら最もありそうにないところにその答えがあるからだ」

では、“最もありそうにないところ”というのは、一体どこなのか?

そこで・・・

私が長年商品先物からFXまで研究し、このたび完成いたしました、全く新しい理論のシステム売買プログラムにおいて、その回答をさせていただきたいと思います。


◆「聖杯」トレーディングシステム・無限に続く利益へのカギ◆FXネットトレード秘伝プログラム!!




くりっく365、9月取引数量前月比53.5%減
くりっく365の取引数量は1964619枚(前年同月比64.8%増、前月比51.7%減)、 1日平均では98231枚となりました。 通貨毎の内訳は、米ドル/円458542枚、ユーロ/円252927枚、 英ポンド/円403028枚、豪ドル/円357129枚、スイスフラン/円33567枚、 ...(続きを読む)

FX
FX(外国為替証拠金取引)は、保証金をベースに外貨取引を行うもので、証券会社やFX専門業者に保証金を預けて、その保証金を担保にお金を借りて外貨取引を行います。FX(外国為替証拠金取引)は、1998年に「外為法」が改正され誕生した取引方法で、当初は、 ...(続きを読む)

マネックス証券
世界で最も流動性の高い外国為替(FX)。資産の新たな分散投資先として注目される外国為替証拠金取引を、一般投資家にオンライン取引で提供。15種類の通貨ペアを、シンプル&フレンドリーなプラットフォームで24時間快適取引。 ...(続きを読む)

(´・ω・`)10/1開催!FXシミュレーションゲーム『NetForexダービー』
(´・ω・`)↓はいこっからー急いで参加汁! 【NetForexダービーとは】 300万円の仮想資金を使って外国為替(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルなど)を売買し、約3ヶ月.(続きを読む)

FXトレーダーSarahの超シンプルシステムトレード - こんな人へ
外国為替証拠金 取引 外国為替証拠金 取引 fx 初心者(外国為替取引初心者ソフト様)【2時間前】を読む) 三井住友 外国為替為替証拠金 投資 ソフト ミリオネアFX - 主婦の声外国為替投資 法 為替 侍 外国為替投資 法 ◆『為替侍の究極FXスワップ運用で … ...(続きを読む)

FXキャンペーン最新情報 10月
【もれなく】【ギフトカード】 書籍「世界経済の風はどこへ吹くか~外国為替証拠金取引の鍵を探る」プレゼント。口座開設&新規・追加入金で、ご当地グルメやSpot Board オリジナルQUOカードなどプレゼント。(口座開設+30万円入金で、もれなく ...(続きを読む)


« 半年間で6000pips!進化するFXトレーディングシステム! - 購入者の感想 | トップページ | 「聖杯」トレーディングシステム・FXネットトレード秘伝プログラム - 基本システム »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442723/8214292

この記事へのトラックバック一覧です: ◆「聖杯」トレーディングシステム・無限に続く利益へのカギ◆FXネットトレード秘伝プログラム!!:

« 半年間で6000pips!進化するFXトレーディングシステム! - 購入者の感想 | トップページ | 「聖杯」トレーディングシステム・FXネットトレード秘伝プログラム - 基本システム »